スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

マルセル・ブロイヤーの家具

お盆休み最終日、マルセル・ブロイヤーの家具展を見に

まなびあテラス(東根市美術館)に行ってきました。

 

まなびあテラスは、昨年11月にオープンしたばかりの

図書館、美術館・市民ギャラリー、市民活動支援センターの機能を併せ持つ複合文化施設です。

建築見学を兼ねて行ってきました。

 

 

ブロイヤーは、バウハウスの一期生。

ブロイヤーの椅子は、溶接からボルト締めに変更したり、

取り回しが効くようにパーツを増やしたり、

小さなバージョンアップを繰り返していて、

機能に基づいた美しいデザインの数々を拝見することができました。

 

建築も日々研鑽。

 

 

 

まなびあテラスは、親しみやすい空間だと感じました。

図書館内にもカフェの受け取り口があって、

ブラウジングコーナーでコーヒーをいただけるのは、

すごくいいと思います。

また、昼食のためカフェ利用を目的で来ている人も大勢いて、

雰囲気がよかったです。

 

まなびあテラスの基本理念にもありましたが、

「各機能が独立しながらもそれぞれが互いに融合し相乗効果を発揮する事」

なかなか実現するのは難しいと思います。

全てが中途半端なことになりかねない。

 

しかし、この規模が東根市+近隣市町村の市民が気軽に集い、

知的好奇心が刺激される場として有効であり、

持続可能的であるのだとも感じることができました。

 

これからも、魅力的な展覧会、イベント期待したいです。

アケビ

 我が家の庭でアケビがとれました。
山形ではアケビの紫色の皮の部分を食べます。
苦みが強いので、苦手な方も多いと思いますが、
種部分を取り除いたら、肉みそを詰めてフライパンで焼いたり、
みそ炒めにしたりして食べます。

ほろ苦い秋の味です。
アケビ

お酒の肴には、最高ですよ。

キャリア体験学習

 先日、地元の中学2年生が、様々な職場を体験するキャリア体験学習ということで、2日間の日程で、2人の生徒さんが来てくれました。

1日目は、設計から施工、竣工までの流れを体験してもらう為に、最近のプロジェクトの実施図面を見ながら、実際に完成した建物を見比べてみました。
図面で見るスケール感と実際の建物に入ってみたときのスケール感のギャップに驚いていたようです。

2日目は、大工工事の「いろは」を少しでも知ってもらう為に、工事現場を視察してもらったり、釘や金物の整理をしたり、様々な大工道具を使って、実際に物を作ってみる体験をしてもらいました。

体験学習
鉋で面取りをしています。

体験学習
さしがねを使って、「けがき」をしています。

体験学習
大工さんに教えてもらいながら作業しています。

体験学習

木製ちりとり
ちりとりと木製パズルを作りました。

中々の出来栄です。
早速出来上がったちりとりを使って、後片付けしてもらい体験学習を終了しました。

中学生の多感な時期に、地域会社に行って体験学習をするということは、
将来、どのような職業に就くかを考える良い機会になったのではないでしょうか。


びいどろ館の雛まつり

びいどろ館

一昨年、古民家をお店にリノベーションするお手伝いをさせていただきました、「アンティーク&珈琲 びいどろ館」にて雛まつりが始まりました。

享保雛や江戸時代の五人囃子など、珍しいお雛様が展示されています。
アンティークに囲まれた落ちつきのある空間で、
お雛様のやさしい面差しと幼いころの自分に出会う小さな旅に出掛けてみては。

期間中限定で、お雛様の展示にあわせて、雛物語珈琲セットを味わうことが出来ます。
皆様、お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

また、お店にはお雛様だけではなく、明治から昭和初期に作られた、珍しいかき氷コップのコレクションやランプなども沢山展示されています。
アンティークにご興味のある方も行ってみてください。

+++店舗情報+++
びいどろ館
OPEN 10:30-18:00(火曜日、第3,4日曜日は休館)
河北町谷地桜町
0237-72-7358

雛まつり
3月1日から4月8日まで開催しています。





一足先に春が来ました

ケイオウサクラ

一足先に啓翁桜が春の訪れを告げてくれました。
ここ2、3日の間、春の陽気でしたので、瞬く間に開花してしまいました。
まさに、満開の状態です。

しかし、今日は生憎の雪模様で、何となく積もりそうな予感がしています。
もうすぐ3月ですが、本格的な春の訪れは、まだ先でしょうか。

昨年暮れから着工していた住宅も完成に近づきまして、本日足場を解体しています。
昨日までの天気でしたら、作業もしやすかったでしょうが、
外で作業されている方は、充分に気をつけていただきたいと思います。


 非常に雪が多いです。

日本海側では、低気圧の影響で今週いっぱいは、大雪になる見通しです。
日中は太陽が照って、少しでも溶かしてくれるのであれば良いのですが、四六時中降り続いていて、一見すると朝から夕方までは、何時だかわからないような天気です。

河北町でも、大雪対策本部が設けられ、除雪作業が進められるようです。

豪雪地帯の家屋は、雪に強いように出来ているのですが、老朽化や地震の影響で脆くなっている状態にどっさり雪が積もってしまっては構造的に不安です。

雪の重さは、建築基準法では、1平方メートに1cm積もった場合、2kgと考えられています。
そうすると、1m積もると1立米あたり、200kgということになります。
実際には、新雪ではもっと軽く、100kg/立米ほどといわれていますが、水分を含んだり、しまってくると5倍ほどにまで重さが増していきます。

単純計算で、しまり雪1立米あたり500kgと仮定すると、100平米の屋根の上に積雪0.3m(30cm)では、15トンにもなってしまいます。
15トンの重りが屋根上に乗っかっているのですから、家全体の重心が屋根よりに移動し地震のときの揺れの被害も大きくなります。

雪が積もりすぎると倒壊や地震の危険があると言うことは、感覚的に誰もがわかっていますので、屋根の上に上って雪下ろしをするのですが、事故が多いのは、屋根の雪下ろしです。転落や雪と一緒に滑り落ちて雪に埋まってしまったり大変なことになります。

私が暮らしている地区でも高齢化が進み、朝早くから高齢者の方が家の前の雪片付けをしています。雪片付けは、重労働ですので、高齢者には本当に大変な作業です。

高齢者すまいの雪片付けのお手伝いをしたいと思っておられる方も多いと思いますが、自分の家のことで精一杯で現実には難しいとおもいます。
しかし、目配りすることは出来ると思います。
声を掛け合いながら、時々作業の具合や疲れていないか、事故に遭遇していないか、近所の人たちが少し気に留めてあげることで、事故防止につながることもあると思います。

この地に住む限り、雪とは付き合っていかなければならないので、嫌うだけではなく、時には周辺の景色に目を向けて、雪化粧した美しい山々を見て楽しむのも良いかと思います。




ヨコハマトリエンナーレ

ヨコハマトリエンナーレ

新港

ヨコハマトリエンナーレに入ってきました。
久しぶりの現代アート鑑賞で、わくわくしながら見てきました。

うわさでは、規模がそんなに大きくないと聞いていましたが、
一日で見るには、さすがにボリュームがあって、
全部回るのに、相当駆け足になってしました。

翌日は、東京のワタリウム美術館で草間彌生展を見てきました。
60年代の作品を中心に展示してあり、
作品に込められたすさまじいエネルギーを感じてきました。

また、スパイラルでは、若手のアーティストの方の作品が展示されていて、
こちらも、大変興味深く拝見してきました。

今回のアート鑑賞の旅では、その多くの作品に込められた作者のパワーを肌で感じることが出来、圧倒されると同時に、普段の仕事にも自分らしさや情熱を注ぎ込みたいと、
意欲が沸いてきました。




そば畑

 山形は、黄金色の頭を垂れた稲穂と真っ白に咲いたそばの花で田畑は彩っています。

先日、そばの花が満開だと言うことを聴きまして、
早速、カメラと三脚を準備して出かけました。

そば畑

大石田町の某地域は、見渡す限りそば畑でとてもきれいでした。
そばの花

そばの花は非常に小さいですが、一面に広がると本当に美しいです。

そばの花の見ごろは、後1週間と言ったところでしょうか。
いよいよ、待ちに待った新そばの季節です。
楽しみですね。

夏野菜

 ルームフレグランス
家庭菜園で取れた野菜たちです。
変わった色しているナスです。
ナスの下の、ヒダがついていいる緑色の野菜は、実はオクラです。
右下の尖がった細長いオクラと比べるとかなり異様な形をしています。
味は、いつも食べているナスやオクラと大差ありませんでした。

差し色でトマトを盛り付けてみました。

今年は、トマトが大豊作で、毎朝トマトジュースにしていただいています。
トマトは、アンチエイジング効果があるそうです。

まだまだ暑い日が続きますが、
取れたてのやさいで疲労回復しています。




小玉スイカ

先日、スイカを作っている農家の方から、スイカを頂きました。
最近、大玉のスイカよりも小玉のスイカのほうが人気があるようなことを
聞いたことがあります。
確かに、小玉のほうが、冷蔵庫にそのまま入れて冷やすことが出来るので、
便利かも知れません。

すいか

皮が薄くて、とても甘くて美味しかったです。
家族で美味しくいただきました。
ありがとうございました。